管理人について

初めまして、こんにちは。

都内でWebデザイナーをしています、Tackと申します。

私は29歳の時に未経験でWebデザイナーに転職しました。転職したのが2015年なので、およそ3年が経ちました。

このサイトでは、未経験からWebデザイナーになる方法と、Webデザイナーになってからのスキルアップについて書いています。

このページでは、管理人である私の経歴や得意分野について書いています。

私の経歴

今の仕事をする前は、色んな仕事を経験してきました。しかし、いずれもWebには全く関係ない分野ばかりでした。

新卒1年目、営業職時代

大学を卒業して、最初に経験した仕事は営業でした。はっきり言って才能はないと感じました。

そして、職場環境にも慣れず、一年で辞めてしまいます。

2社目、接客・販売職

次の仕事は接客・販売の仕事でした。そこまで嫌いな仕事ではなかったのですが、給料が異常に安くて1年半で辞めました。

3社目、接客・販売職②

次の仕事も接客・販売職でした。この時の職場は給料も良く、販売成績や社内の評判も良く、6年以上働きました。

しかし、もっと自分が納得できる、楽しいと思える仕事がしたいと思い、退職しました。

やりたい仕事というのがWebデザイナーでした。

この時は、仕事の合間にWebデザインやHTML・CSSの勉強をしていました。

勉強期間は約1年間です。

Webデザイナー期

ここからは私がWebデザイナーになってからの話。

入社~1年目

冒頭でも書きましたが、この仕事を始めてから3年が経ちました。

今思えば、転職に成功した時点の実力はかなり低いものだったと感じます。それでもWebデザイナーとして雇ってくれた今の会社に感謝です。

入社後は簡単な更新作業から始めて、徐々に制作業務を行うようになりました。

大体入社3ヵ月くらいで小規模なサイトのデザイン・コーディングを任せれるようになりました。

2年目

私が働いているのはとても小さなWeb制作会社ですので、すぐに裁量が与えられて一人でディレクションからデザイン、コーディングまで行うようになりました。

とはいっても、全ての会社があれこれ一人でやらせるという訳ではなく、それは会社によって異なります。

任される範囲が広いというのはとても大変ではありますが、かなり勉強にはなりました。

Web制作以外ではプログラミングやSEOまで、色々な知識を身につけることができました。

3年目~現在

3年目になって昇進したので、部下を抱えるようになりました。

Webデザインを教えるというのはとても難しいです。今は教育という面で悪戦苦闘している段階です。

得意分野

Webデザイナーとはいいつつ、色々な分野にも手を伸ばしています。

勘違いして欲しくないのですが、Webデザイナーは幅広くカバーする必要がある訳ではないということです。

私が色々やりたがるという人間というだけで、Webデザインだけを専門にしている人ももちろんいます。

デザインという分野に絞ったほうが集中して学習やインプット、業務に時間を割けるので、高いデザインスキルを身につけることができるでしょう。

Webデザイン

Webデザイナーですので、Webデザインは専門分野になります。

割とシンプルなデザインが得意ですね。1カラムが好きですが、ブログも色々運営しているので2カラムのデザインも嫌いじゃないです。

逆にコテコテのデザインとかはあまり好きではないです。

Photoshop

デザインソフトはPhotoshopを使っています。

最近だとSketchというツールを使っている人が増えているようです。個人的にはそこまでPhotoshopに不満な点はないので、Photoshopを使い続けています。

イラレよりもフォトショの方が得意です。

Illustrator

アイコンやイラストを作る時はIllustratorを使います。

基本的には図形をゴニョゴニョしてアイコンを作ったり、パスでイラストを作るのがメインですね。

ロゴの制作はフォトショかイラレかは時と場合によります。

イラレはまだまだ勉強不足ではありますが、イラストを描き始めるとずーとやってます。仕事が閑散期の時は結構イラスト書いてます。

HTML・CSS

HTML・CSSは得意ですが、みんなが思っている以上にCSSは奥が深く、極めるまではまだまだという感じです。

改修に強いサイト設計とかパフォーマンスチューニングとかも勉強しています。

JavaScript

最近ではjQueryはほとんど使っていなくて、素のJavaScriptで実装することがほとんどになりました。

理由としては、サイトの速度に与える影響を考慮した結果です。jQueryを使うと読み込み速度と実行速度が遅くなります。

サイトのスピードアップを極めたいという欲があり、脱jQueryしました。

生のJavaScriptは結構得意(といっても「Webデザイナーにしては」という意味です)ですが、フレームワークとかはよく分かりません。

WordPress

最近はWordPressでサイトを構築する案件も手掛けるようになり、かなり知識を蓄えました。

自分でテーマやプラグインを作れるまでには成長しました。

PHP

動的サイトを作る時はPHPを使って構築します。WordPressがPHPで作られているので、JavaScriptの次によく書いている言語です。

しかし、関数はよく忘れるのでめっちゃググります。

SEO

専門ではありませんが、SEOについてもある程度の知識があると思います。

というのも、自分でブログを運営してきた経験があるからです。

一般的なWebデザイナーよりも詳しいとは思います。

その他

上記以外にもGulpとかSassとかGitとか、色々やってます。

ただいま勉強中

以下は、現在勉強中の技術です。

Ruby、Ruby on Rails

バックエンドの言語はPHPしかできないので、最近Rubyの勉強を始めました。

Ruby には Ruby on Railsという便利なフレームワークがあり、Webアプリを作るのに便利です。

今後自分でWebアプリを開発してみたいので、勉強しています。

他にもやることが多いので、身につけるまでに少し時間がかかりそうです。

とりあえずWebは超楽しいぞ

最初は、「Webサイトが作りたい」 → 「Webデザイナーになりたい」という発想でWebデザイナーを目指すと思います。

しかし、Webに関わる仕事はWebデザイナーだけではなく、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニア、もしくはセキュリティの専門家など、色んな仕事があります。

Webデザインに限らず、Webに関する色々なことを学んでみるのもいいかもしれません。実は「Webデザインがやりたかったのではなく、フロントエンドエンジニアになりたかったんだ」なんてこともあるかもしれません。

何にせよ、Webの仕事は超楽しいです。苦労もあるけどね。

諦めなければきっとWebデザイナーになれる

ここに訪れたということは、あなたはWebデザイナーを目指しているのでしょう。

普通の仕事とは違い、専門的な知識やセンスが必要仕事です。正直、誰もがなれる仕事とは思いません。

とはいえ、やってみないことには適正なんて分かりません。

デザインにはセンスが必要なだと思われるかもしれませんが、知識さえ身につければある程度のレベルになることはできます。

デザインにはセオリーがあり、まずはセオリーを知らなくてはセンスも発揮することができません。

センスがないと思っていたけど、セオリーを学んだら高いデザインスキルを発揮し、実は高いセンスの持ち主だったなんてこともあり得ます。

まずは基礎の勉強をしっかり頑張って下さい!

きっとWebデザイナーになれるはずです!