ハイレベルはWebデザイナーになるには?スキルアップする方法

Webデザイナーとして高いレベルになるにはどのようなスキルや知識が必要なのでしょうか?

今回はより高いレベルのWebデザイナーを目指す人のために書きました。

これからさらなるスキルアップを目指す人は読んでみて下さい。

デザインだけで市場価値を上げるのは難しい

Webデザイナーなのだからデザインをしっかりやれば良いと思う人もいるかもしれません。

確かに、オシャレでUI/UXに優れたデザインを作れるデザイナーであれば仕事に困ることはないかもしれません。

しかし、トップレベルのデザインスキルを身につけるのは並大抵のことではありません。

デザインだけで活躍できるのは一握りのデザイナーだけです。

幅広い範囲をカバーする

デザインスキルだけで活躍する自信がない人は、Webサイトに関する幅広い知識とスキルを身につけてみてはいかがでしょうか?

幅広い知識があれば、様々な案件を受注することができます。

会社勤めからフリーランスになった時、カバー範囲の広さはとても役に立ちます。

それではどのようなことを学べば良いのでしょうか。

HTML/CSS

ほとんどのWebデザイナーはHTMLやCSSを書けると思います。

しかし、HTMLの設計やCSSのテクニックはかなり奥が深く、普通のWebデザイナーが知らないような知識はいっぱいあります。

ただ単純にレイアウトが組めるだけではなく、深い所まで掘り下げて勉強してみて下さい。

JavaScript

もしJavaScriptに自信がないのなら、もう一度しっかり勉強してみて下さい。

できるだけjQueryを使わないようにして下さい。jQueryはパフォーマンス面で劣ります。ページの読み込み速度にも影響を与えます。

JavaScriptができるようになれば、動きのある表現やユーザーが何か(クリックやスクロールなど)を行った時に、動的にサイトを書き換えることができます。

WordPress

今でも根強い人気のあるWordPressは、使いこなせるようなりましょう。

WordPress絡みの案件はかなりあります。私もよくWordPress関連の仕事を受注しています。

テーマやプラグインを作れるようなれば、受けられる仕事が増えます。

PHP

今時PHPは古いと思うかもしれませんが、WordPressもPHPで構築されていて、まだ使える言語だと思います。

XAMPPやMAMPPを入れればブラウザで挙動が見れるので、他のプログラミング言語に比べても学習しやすいです。

複数ページの共通部分を一つのファイルでまとめることができるので、サイト制作を効率化することもできます。

Sass

変数やネストなどが使えて、CSSをもっと楽に構築できるのがSassです。

CSSのように書けるScssという記述方法が一般的で、CSSが書ければ比較的容易に導入できます。

そのままの状態ではブラウザに認識されないので、CSSに変換(コンパイル)します。

タスクランナー

GulpやGrunt、npm scriptを使って作業を効率化してみましょう。

Sassのコンパイル、ペンダープレフィックスの付与、ファイル保存後のブラウザのリロードなど、様々なことを自動化できます。

便利なパッケージがいっぱいあって、痒いところに手が届くので助かります。

SEO

SEO(検索エンジン最適化)の知識は身につけておきましょう。

企業のサイト運営者は、検索エンジンの評価にとても気を遣います。予算を組んで作ったサイトに人が来ないと困るからです。

SEOに配慮したサイト設計、コーディングができるようにしましょう。

またGoogle AnalyticsやSearch Consoleのようなアクセス解析ツールの使い方を覚えましょう。

これらのツールの使い方について聞かれることもしばしばあります。

パフォーマンスチューニング

今ではPCよりもスマホからの閲覧が多い時代です。

PCに比べてスマホの回線は不安定ですので、サイトの表示速度が遅くなることがあります。

できる限りサイト側の読み込み速度・実行速度を速めて、閲覧者のストレスにならないようにしましょう。

ページの表示が遅いと、訪問者がすぐに離脱してしまいます。SEOにも悪影響を及ぼします。

具体的には、CSSやJavaScriptの読み込みの最適化、画像の圧縮、サーバースペックなどです。

サイトの速度アップも実はかなり奥が深いです。

フロントエンドエンジニアから学べ

このような情報を発信しているWebデザイナーはあまりいません。カバー範囲ではないからです。

私はフロントエンジニア向けの記事から情報を得るようにしています。

彼らはWebデザイナーの弱い所もよく知っていて、私たちが反省すべき点をしばしば指摘します。

悔しいですが、それに耳を傾けてより高みを目指すために努力するべきです。

色んなことに興味を持とう

スキルアップの近道は、幅広い分野に興味を持ち、情報収集や学習を絶えず行うことです。

Webに関する情報は膨大にあり、挙げると立ちくらみがするレベルです。

覚えることの多さに嫌になるか、それとも好奇心を掻き立てられるか、それが今後の成長を決めます。

まとめ

覚えることが多くて絶望したかもしれません。

まあ、いきなり全てできるようならなくても大丈夫です。一つ一つできることを増やしていきましょう。

私自身、できることが増えたおかげで頼まれる仕事もかなり幅広くなりました。

Webアプリケーションやシステムまでやってます。割と楽しんでやってます。

難しいことも逃げずに手を挙げて経験を積めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です