開発者が選ぶ、おすすめのブログ向け有料WordPressテーマ

今回は、おすすめの有料WordPressテーマを紹介します。

テーマというのは、WordPressのテンプレートのことです。

普通にブログを書くだけなら無料のテーマで十分ですが、アクセスを増やしたいとか収益を増やしたいという人には有料のテーマがおすすめです。

有料のメリット

WordPressのテーマは、公式のテーマストアから無料で手に入れることができます。

しかし、そのほとんどが英語であったり機能が少なかったりと、ブログで収益をあげたいという人には向いていません。

有料のテーマは、SEO対策するための機能が最初から付いていたり、広告の配置をカスタマイズできたりと、収益を増やせるような工夫がされています。

さらにデザイン面でも優れています。

無料のテーマのほとんどはデザインがイマイチで、自分でCSSを書いてカスタマイズする必要があります。

その点有料テーマはおしゃれなデザインになっているものも多く、自分でCSSをいじる必要がありません。

CSSの調整に時間を取られたくない、できる限り執筆に時間を割きたいという人は迷わず有料テーマを買っておきましょう。

おすすめの有料テーマ

それではおすすめの有料テーマを紹介します。

STORK(ストーク)

WordPressテーマ「ストーク」

非常に人気のある有料テーマです。配布元は多数のWordPressテーマを手がけているOpencage(株式会社Bridge)です。

ブログマーケティングのJUNICHIが監修しています。

カラフルなデザインなのに、全体的に統一感がありおしゃれです。

設定項目が必要最小限に抑えられているので、初心者でも使いやすい作りになっています。

カラーの設定や、スライダーの設定も簡単に行うことができます。

記事の執筆が楽になるショートコード も充実しており、HTMLが分からない人でも良い感じの記事に仕上げることができます。

おすすめポイント

  • おしゃれなデザイン
  • 豊富なショートコード
  • モバイルファーストでスマホ閲覧に最適化
  • LP(ランディングページ)作成機能

Hummingbird(ハミングバード)

WordPressテーマ「ハミングバード」

こちらもOpencageが販売しているテーマです。

アニメーションが印象的なデザインです。

おすすめポイント

  • 目を引くアニメーション
  • スライドショーを標準搭載
  • モバイルファースト
  • ショートコード を標準搭載

 

ALBATROS(アルバトロス)

WordPressテーマ「アルバトロス」

こちらもOpencageが手がけているテーマです。

上の二つの方が高機能ですが、一般的なブログ運営に必要な機能は網羅されています。そして、その分低価格です。

おすすめポイント

  • 便利なショートコード
  • LP(ランディングページ)作成機能
  • SNS標準搭載
  • 美しいデザイン

ここまではOpencageが販売しているテーマです。いずれも初心者にも使いやすい作りになっています。

それぞれの機能の違いは以下のようになります。

アルバトロス ハミングバード ストーク
トップページ アニメーションヘッダー ×
トップページようウィジェット
投稿設定 記事ページのレイアウト変更 ×
更新日表示 ×
見出しデザインの変更 ×
SNSボタン表示
フェイスブックいいねボタン ×
ウィジェット 広告用ウィジェット
スマートフォンメニュー × ×
追尾ウィジェット(PC)
その他 レイアウトの変更 2種類 3種類 4種類
アニメーション ×
パンくず表示非表示 × ×
メインカラムレイアウト変更
サイトカラー設定
ロゴ画像設定
アクセス解析コード設置
ヘッダー画像設置
※アニメーションなし
サイトアイコン設定

比較表引用元:https://open-cage.com/

3つの中でもストークが最も高機能です。

DIVER(ダイバー)

https://tan-taka.com/diver/

上位表示させるための仕組みが揃っているWordPressテーマです。

検索結果で高速表示させるAMP、便利なショートコード や入力補助、最新のSEOを意識した頻繁なアップデートなど、至れり尽くせりなテーマです。

カスタマイザーによるカスタマイズも豊富で、自分好みのデザインにすることもできます。

一度購入すれば複数のサイトで使えるのも何気に嬉しいポイントです(購入者本人の運営するものに限る)。ある程度アクセスが安定してくると複数サイトを運営したくなるからです。

おすすめポイント

  • SEOにこだわった豊富な機能
  • AMP対応(いまだに対応してないテーマは多い)
  • 一度購入したら複数サイトで利用可能
  • 充実したショートコードや入力補助

価格は他に比べると高めですが、これほどの高機能なら納得できます。

MAG

http://design-plus1.com/tcd-w/tcd036

とても多くのテーマを手がけているTCD(株式会社デザインプラス)が販売しているテーマです。

TCDはテーマが豊富なので迷ってしまいます。ブログを書くなら、このMAGがおすすめです。

追尾型広告、ランダム広告、広告のショートコード化など様々な広告管理機能を搭載しています。効率的に収益サイトを作る人にはぴったりです。

トップページはシンプルで見やすいデザインです。細かいアニメーションにもこだわりがあり、使い心地が良いです。

おすすめポイント

  • シンプルで見やすいデザイン
  • 充実した便利なクイックタグ
  • 2カラム・3カラムのデザイン変更可能
  • 1カラムの固定ページ作成機能
  • 効率的な広告配信

SANGO

https://saruwakakun.design/

サルワカを運営しているCatnoseさん制作のテーマです。

見出しやボタン、箇条書きなどのパーツを豊富な種類から選ぶことができます。ショートコードも多く利用できます。

マテリアルデザインで使い心地が良いのが特徴。アニメーションも素敵です。

表示速度も早く、デザイン・機能ともに充実しています。

大事なのはコンテンツ

ここまで素晴らしいテーマを紹介してきましたが、SEOにはコンテンツの質が最も大切なのは忘れないでください。

テーマを変えたからといって、いきなりサイトが上位に表示されるなんてことはほぼないです。

どちらかというと、ここで紹介したテーマというのは、

  • ショートコード などで、コンテンツの質を高める手助けをする。効率化する。
  • コンテンツを見やすくする。
  • アクセス解析が楽になる。
  • おしゃれなデザインで運営のモチベーションを上げる。
  • 用途に適したレイアウトに変更ができる。
  • 表示速度を速めて閲覧者のストレスを減らす。

といったイメージです。コンテンツ作成を効率化して、短期間で成果を上げやすくするという感じです。

あくまでも有料テーマというのは運営者のサポートをしてくれるもので、コンテンツを作るのは運営者自身です。

まとめ

私自身仕事でWordPressのテーマを一から作成することがありますが、これらのテーマの完成度には驚かされます。

仕事でテーマを作る時は、クライアントの要望通りに作れば良いだけなのですが、不特定多数の人が利用するテーマを作るのはとても大変です。

ブログ運営者によって使い方が異なるので、多くの人が満足するテーマを作るのは難易度が高いです。

ここで紹介した有料テーマは、痒いところに手が届く出来で、凄いです。

一度使うと有料テーマは手放せなくなるでしょう。

しっかりブログを運営したいという人は、ぜひ有料テーマを購入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です