【初心者向け】Webデザインの勉強におすすめの書籍・入門書

Webデザイナーになるために、色々な入門書を読みました。Webデザイナーになった後も書籍を購入して勉強しています。

今回は、私がこれまで読んできた中でも、おすすめの書籍を紹介します。

気になった物があれば、ぜひ読んでみて下さい。

Webデザイン

まずはWebデザインについての書籍を紹介します。

Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集

415点の厳選した良質なWebサイトを集めた見本集です。レイアウト、配色、フォント、素材、プログラムなど、ページを構成しているデザインパーツまで分解して解説されています。

サイトの制作にもすぐに活用できるテクニックが豊富に見つかります。

非常に実用的なので、現役のWebデザイナーにもおすすめの一冊です。

デザイン一般

Webデザインだけではなく、デザイン一般の基礎知識が学べる書籍の紹介です。

Webデザインをする上で絶対に知っておかなくてはいけない知識が書かれているので、これらは必須の書籍です。

ノンデザイナーズ・デザインブック

元々は非デザイナー向けの本ではありますが、これからデザイナーを目指す人は絶対に読んでおいた方が良い名著です。

私もこの本を読んでデザインの基礎知識を叩きこみました。

なるほどデザイン

より効果的なデザイン手法が学べる書籍です。

イラストや図解がメインなので、非常に読みやすいのが特徴です。目で見て楽しめるように構成されているので、本自体がデザインの参考になります。

デザイナーがどのような思考でいかにしてデザインしていくかを解説しています。

タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-

めちゃくちゃおすすめの一冊です。タイポグラフィについてかなり詳しく解説している書籍です。

フォントや文字の組み立ての奥深さに触れることができ、タイポグラフィについての興味を掻き立ててくれます。

Webデザインにおいてもタイポグラフィの知識は必須になります。ぜひ読んで欲しいです。

Photoshop(Illustrator)関連

WebデザインのためのPhotoshop+Illustrator

PhotoshopとIllustratorを使ったWebデザインの勉強を始めるなら、まずはこの本がおすすめです。

Webデザインだけではなく、画像加工の仕方など基本的な操作も学ぶことができます。

参考のデザインは初心者向けでそこまで凝ってはいませんが、最初はこれくらいのレベルから始めておいたほうが良いでしょう。

Webデザインの現場ですぐに役立つPhotoshop仕事術

Webデザイナー向けのPhotoshopテクニックが紹介されている書籍です。

デザインを始める前の準備から基本的な使い方、仕事を効率的に行うためのテクニックなどが書かれています。

レスポンシブやグリッドシステムのような新しいデザイン手法にも対応しています。

すぐに仕事で使えるような内容なので、一度は読んでおきたい一冊です。

神速

時間がかかるPhotoshopの作業を、便利な機能を駆使して効率化するためのテクニックが書かれた書籍です。

Photoshopには意外と知られていない機能もあるので、現役のWebデザイナーにもオススメできる一冊です。

HTML・CSS関連

Webデザイン・レッスンブック

少しコーディングが古い感じはありますが、分かりやすくておすすめの書籍です。私がHTMLを勉強し始めた時に読んでいました。

ブログデザインとコーポレートサイトを一から構築していくという内容です。この一冊で幅広い基本知識をカバーすることができます。

ただし、floatなどの少し古い手法も使われているので(とはいえ、まだ使われているサイトは多い)、これを読んだ後は知識をアップデートした方が良いでしょう。

CSS設計の教科書

実際の現場では、HTMLやCSSをどのように書いているのか知りたい人におすすめの一冊です。

修正に強くても見やすいHTML、CSSの設計を学ぶことができます。

OOCSSやBEMなどのCSS設計の手法も学ぶことができます。

WordPress関連

お次はWordPress関連の書籍です。WebデザイナーでもWordPressのサイトを作ってみたいという人もいると思うので紹介しておきます。

WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠 (WordPress DESIGN BOOK)

WordPressでサイト作りって難しそうなイメージがありますが、この本を読みながら進めればやってみると意外とできます。

この本はとても分かりやすく親切に作られているので、初めてのWordPress開発にはおすすめです。

おまけ・サイトの高速化

こちらは中級〜上級者向けではありますが、すごく良かったのでオススメしておきたい書籍です。

Webフロントエンドハイパフォーマンスチューニング

サイトの高速化・パフォーマンスチューニングについての解説書です。

フロントエンドエンジニア向けの書籍ですが、Web制作者ならぜひ一度は読んでほしい一冊です。

Webの仕組みから詳しく解説しており、小手先のテクニックではない高度な知識を身に付けることができます。

ChromeのDeveloper Toolsを使ったパフォーマンスの計測方法なども、非常に勉強になります。

サイトの速度が遅いと感じた時に、サッと取り出して読めるようにしておきたいですね。

まとめ

Web上にはたくさんの情報があり、書籍を買わなくても大丈夫だと思われるかもしれません。

しかし、体系的にまとまった知識というのはWeb上にある情報ではなかなか身につけることができません。

一度書籍を使って一通り学習をして、足りない知識を検索などで補うと良いでしょう。

向き不向きもあると思いますが、最初は書籍を使った学習は効率が良いと思います。

それではWebデザインの学習を頑張ってください。

これからも色々読んでみて、オススメできそうな本があれば追記していこうと思います。

 

他にもこんな記事があります。

Webデザインの参考になるギャラリーサイトまとめ Webデザインが学べるおすすめオンラインスクール Webデザイナーならチェックしておきたいおすすめサイトやブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です