Webデザイナーってどんな仕事?主な仕事内容

一般的なWebデザイナーは、どのような業務を行っているのでしょうか?

今回はWebデザイナーの仕事内容を紹介します。

名前はよく聞くけど、具体的にはどんな仕事をしているのよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

この記事を読めばWebデザイナーとはどんな職業なのかが分かるでしょう。

Webデザイナーとは

クライアントの要望を元に、PhotoshopやIllustratorなどを使ってWebサイトのデザイン案を制作します。

多くの現場ではHTMLとCSSでコーディングまで行いますが、現場によっては専門のコーダーやエンジニアが行う場合もあります。

Webデザイナーと一口に言っても、そのカバー範囲は異なります。

2種類のWebデザイナー

一口にWebデザイナーと言っても、大きく分けて2つの種類があります。

他社に依頼されて制作業務を行うWebデザイナー、もう一つは自社のサイトを運営するWebデザイナーです。

後者は一般的に「インハウスデザイナー」と呼ばれます。

制作会社のWebデザイナー

こちらは他社から依頼されたWebサイトを制作するWebデザイナーです。

様々なサイトの制作を行うので、豊富な経験を積むことができます。

インハウスデザイナー

自社サイトのデザインを行うWebデザイナーです。

制作会社とは違いタイトな納期で進めることが少ないので、長時間の残業や徹夜はほとんどないでしょう。

一つのサイトを腰を据えて育てていくという経験ができます。

ただし、自社のサイトにしか携わらないので経験が積みにくいというデメリットもあります。

将来性

現役のWebデザイナーやWebデザイナー志望の人は結構多いですが、スキルにはかなりの格差があると感じます。

Webデザイナーの需要が減るとは思いませんが、スキルが高い人に仕事が集まる可能性はあります。

簡単なWebサイトを作れる人が今後は増えていくと思います。素人でもWebサイトを作れるサービスやテンプレートなども多く存在します。

また、Webデザインの分野にもAIが活用されて始めています。

Webサイトが作れるという程度では仕事を取るのが厳しくなる可能性もあります。

より高品質なWebサイトを作って差別化できるようになる必要があります。

Webデザイナーの収入

マイナビ転職の調査「2017年版 職種別 モデル年収平均ランキング」によりますと、Webデザイナーの年収は466万円となっています。

参考サイト:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01/index2#ranking

316職種中219位と、そこまで年収が高いとは言えません。

一方で、「WEBプロデューサー・ディレクター」の年収は536万円で、101位にランクインしています。

多くのWebプロデューサー・ディレクターは、元Webデザイナーです。年収を増やすには、Webデザイナーとして経験を積んでWebプロデューサー・ディレクターにキャリアチェンジするのが良いでしょう。

Webデザイナーに求められるスキル

優秀なWebデザイナーになるために求められるスキルがあります。

デザインスキル

これは当然ですが、デザインのスキルが求められます。

具体的には、

  • 見やすいレイアウト
  • 配色
  • フォント選びや組み合わせ
  • ユーザビリティに配慮したデザイン
  • 最新のトレンドを取り入れたデザイン

などです。高いデザインスキルを身につけるには、業務での経験が不可欠になります。

デザインツールの使用スキル

どれだけセンスがあっても、それを表現できる能力がなければ意味がありません。

PhotoshopやIllustrator、Sketchなどのデザインツールを使いこなせるようにならなくてはいけません。

また、これらのツールには効率的に作業をするための機能やスクリプトなどがあるので、それらを取り入れて効率的に素早くデザインができるようになりましょう。

HTML・CSSのコーディングスキル

Webデザイナーにもよりますが、多くの現場ではHTMLやCSSもWebデザイナーがコーディングします。

優れたWebデザイナーになるには、HTMLを設計するスキル、CSSの表現力が必要となります。

コミュニケーション能力

Webサイトの制作は1人で行うものではなく、クライアントやWebディレクター、エンジニアなどと一緒に制作します。

業務を円滑に進めるには、ある程度のコミュニケーション能力は必要です。

情報収集

Webに関する情報は日々新しくなっており、知識は数年で陳腐化してしまいます。

ですので、常にアンテナを張って最新の情報をチェックしておく習慣を身につけておかなくてはいけません。

デザインにもトレンドがあり、その動向にも目を光らせておくべきです。

まとめ

一口にWebデザイナーと言っても、企業によってカバーする範囲が異なります。

デザインのみを担当する人もいれば、HTMLとCSSのコーディングまで行う場合もあります。

デザインに特化するのか、HTMLやCSSそしてJavaScriptなど、幅広い分野をカバーするのか。

Webデザイナーを目指しているという人は、自分がどんなWebデザイナーになりたいのかを定めておいた方が良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です